あなたは割りきり関係だったはずなのに、セフレのことを本当に好きになってしまったという経験はありませんか。
実際に体の関係だけだと言っても、体が重なることで心が近づいていくということはよくあることです。
しかし、お互いに割り切りだったからうまく続いてきたこの関係を、これからどうしていけばいいのでしょうか。
今回は、そんな割りきりのセフレとうまくやっていくために必要な方法を紹介していきましょう。

恋愛感情が生まれそうになる前に止める

割りきりの関係というのはお互いに干渉しないことが必要で、その理由としてはたいていが本命の相手がおり、それでも体は正直だから他の人を求めたりするものです。
そのため、あなた自身にも本命がおり、相手にも本命がいるいうフェアな状況から始める必要があります。
そのような状態から始めれば恋愛感情が生まれる可能性がグンと下がり、割りきりを継続していきやすくなることでしょう。

相手を束縛しない

なぜセフレの状態でお互いが心地よい関係を続けていけるかといえば、パートナーは違い、友達とも違う、友達以上恋人未満というラインだからこそ、気軽な関係になっているので、決してどちらかがどちらかを束縛するようなことはやめましょう。
束縛をしてしまうようになったら、きっとその関係は長く続かないでしょう。
お互いが束縛をしないという暗黙の了解が守れないと、長く続けることは難しいので、相手のことをできるだけ束縛しないようにしましょう。

自ら連絡をしない

あなたがもし相手の心に惹かれてしまい、恋愛感情が生まれてしまいそうになった場合はあなたから連絡をしないことです。
あなたから連絡をしてしまえば、その思いは強まるばかりです。
あなたが幸せになるためには、そこで我慢できることが大切です。
そのため、自ら連絡をしないことを心がけましょう。

以上のように、あなた自身がせっくすふれんど募集をして割りきりの関係だったはずなのに、せふれのことを本当に好きになってしまう前に、知っておく必要があることを紹介しました。