あなたは、セフレとの関係をうまく継続させていく上で気をつけていることはありますか。
セフレは恋人のような関係ではないけれど、友達以上に心を許せるという、いなくても生活はできるけれど、寂しくなるという表現するには難しい存在です。
実際に多くの人は体に依存することから始まるセフレの関係ですが、次第に心のよりどころになってしまうことが多いようです。
そこで今回は、セフレとの関係をよりよく長く続けていくために気をつけるべきポイントを紹介します。

距離感は近すぎず遠すぎず

セフレは距離感がとても重要で、どちらかがどちらかに依存してしまうとそれは重くなってしまい、より割り切った関係を傷ことはできません。
セックスをする相手ということをお互いが割り切った状態でないと、相手との関係が何かわからなくなってしまうことがあります。
そのため、お互いにそこの線引きをしっかりとして、一番いいのは最初に話し合っておくことです。

相手の心をもてあそぶようなことはしない

どちらかに恋心がある場合には、それはセフレの関係になってはいけません。
なぜなら、その恋心を抱いている方が遅かれ早かれ傷つくことになるからです。
一番良いのは、お互いがはっきりと恋人関係ではないことを理解した上で、そのような発展することもないということを理解しておく必要があります。

以上が、セフレとの関係で大切な距離感の取り方についてです。
あなたにもしセフレが出来た際には、この微妙な距離感の取り方を大事にしてほしいと思います。