あなたはセフレのことをどう考えていますか。
きっと多くの人はパートナーほどの相手ではないが、一緒にいて居心地がいい相手であったり、体の相性がいい人ということを考えているのではないでしょうか。
このように、自分がなぜこの人とセフレ関係なのかということが自分ではっきりと理解していれば良いですが、もしあなたが流れに任せてしまってセフレになってしまったのであれば気をつけてください。
なぜなら、一緒に時間を共にし、一緒に体を重ねてしまうことが続けば続くほど、相手の心に近づいていってしまうからです。
今回はそんなセフレが出来たときに、セフレに対してどのように考えておけば、後から失敗しないかを紹介しましょう。

相手は体の関係だということを理解しておく

これは男性も女性も当てはまることですが、どちら片方がもしかしたらこのまま付き合えるのではと思っている場合は、セフレにならないほうが良いです。
理由は、それはセフレという割り切った関係ではなく、恋愛の延長線上に入ってしまうからです。
セフレという関係で恋愛感情が入ってしまうと、それは絶対に後から傷つくことになるので、予め二人は体の関係ということを割り切って理解しておくことが必要です。
これができないのであれば、セフレの関係は作るべきではありません。

もしあなたが、気になる人と一緒にいられるならという軽い気持ちでセフレの関係になってしまうと、それは後から自分が大きな傷を負うことになるので、絶対にしないようにしましょう。